美容整形で失敗しないために│東京でクリニック探し

二重が人気

ドクターとナース

美容整形をする際のデメリットとしてダウンタイムがあることが挙げられます。このダウンタイムとは、手術した後に傷を癒すために休まなければいけない時間のことです。目頭切開や埋没法、隆鼻術や脂肪吸引など様々なものにダウンタイムが設けられています。基本的には、肌を傷つけるような手術をした時だけダウンタイムが必要になるとされており、注射など簡単な施術であれば必要ないといわれているのです。プチ整形の1つとして埋没法という二重にするための施術法があります。これはプチ整形ではあるものの、まぶたに傷が付く施術であるため、ダウンタイムが必要となるのです。しかし、メスを使わないのでメスを使った切開法と比べると比較的短い傾向にあります。埋没法をした後は、数週間目が腫れ内出血を起こす可能性があるため、すぐに社会復帰はしないほうが賢明でしょう。もし完全に症状が収まる前に会社へ行くようになってしまったら、上司や同僚にバレてしまいかねません。この時に言い訳をするという手もありますが、人はそんなに鈍感ではないため、何となくでも気づいてしまいます。バレたくないという人は気をつけましょう。

一重まぶたは日本人や日本のお隣の国にお多く存在しています。ちなみに、日本で一重まぶたの人は約7割いるとされており、二重まぶたの人はかなり少数なのです。また白人はほとんどの人が二重まぶたであり、一重まぶたは少数とされています。日本では綺麗な並行二重に憧れる傾向が強くあります。それが理由で、東京の美容整形外科では二重まぶたの施術を受ける人が多くいるのです。これが理由で、美容整形手術の中でも二重まぶたにする手術の人気が高いといわれています。二重手術の人気は東京だけでなく他の地域にある美容整形外科でも不動のようで高い人気があります。これは女性のメイクを見ても分かる通り、とにかく目のメイクはかなりこだわっているのが分かることでしょう。二重にすると目が大きくなるので整形をする人が多いです。東京にいるギャルは目をさらに大きく見せるために、つけまつげやアイライナーを駆使して幅を広げています。そのメイクが上手い人だと、近くから見ても中々気づくことが出来ないほどです。東京はファッションの発信源でもある場所なので全国でも目を大きくするメイクなどが流行っていっています。

Go to Top